事務机選びで生産性に差をつけよう|オフィス家具の選び方

スーツの人達

オフィスの環境改善

事務所

オフィスデザインとは、社員の働きやすい環境を作り出すということです。外観ばかりをかっこ良くしても社員の生産性が高まらなければ意味がありません。少し前までは、日本企業のオフィスデザインへの意識は高いとはいえませんでした。しかし、最近は新しい若い会社を中心にオフィスデザインへの投資も活発になってきています。オフィスデザインを改善することで見込まれる効果は、社員のモチベーションが上昇することです。会社のオフィスは、社員が自宅の次に過ごす時間が長い場所です。オフィス内が美しくなると、仕事の内容自体に変化がなくても、社員は自分の仕事に誇りを持つことができるようになります。観葉植物などの癒し効果のあるグッズを置けば、ストレスの軽減効果も期待できます。業務では必ず何らかのストレスが発生し、仕事中のストレスは会社の退職率にも繋がっています。オフィスデザインの改善でストレスの溜まりにくい環境を作ることができれば、生産性の向上と同時に退職率の低下などの効果を生み出すこともできるでしょう。さらに、新しい人材の採用にも効果を発揮します。新卒入社の学生だけでなく、中途の転職者も面接が綺麗なオフィスで行われるとその会社についてポジティブな印象を持ちます。業績も良いのではないかと考える人も増加し、採用を断られることも少なくなるでしょう。採用は社内の人材の質を左右する部分であるため、会社の業績にも大きく影響を与えます。採用を強化するためだけに、いいオフィスに移転する会社もあるくらいです。オフィスデザインでも他社に差をつけて会社を成長させていきましょう。